たまプラーザ・新百合ヶ丘のピアノ教室 | 街の小さなピアニスト

神奈川県川崎市『街の小さなピアニスト』は、たまプラーザ・新百合ヶ丘からバスで約15分の幼児から大人まで集まるアットホームなピアノ教室。ピアノ×ソルフェージュ×リトミックレッスンでは楽しみながら音楽に触れて、ピアノで表現する喜びを共有します。
 050-3834-3994
お問い合わせ

インフォメーション

2021 / 02 / 26  23:55

モンテッソーリ 子どもの家

モンテッソーリ 子どもの家

先日『モンテッソーリ 子どもの家』という映画を見てきました。
モンテッソーリの考え方が音楽教育にも何かヒントになるのではないかと思ったのですが…

 

以前使用していたリトミック教材にモンテッソーリの内容が含まれていたことや、娘の通った幼稚園でもモンテッソーリの教材の一部があったので、多少はどういうものか知っていました。
そして、それが素晴らしいことも分かっていました。

 

映画を見て…私の想像を遥かに超える素晴らしい教育でした。
それと同時に、音楽教育者が教具だけかじって取り入れるものではないとも思いました。

 

モンテッソーリの素晴らしさは、教具の素晴らしさではなく、指導者が子どもたちをよく観察して、適切な時期に適切な指導をすることに意味があると思います。
その指導者になるためにはやはり勉強しなければ不可能でしょう。

 

そして、沢山の教具の中から子どもが自ら選んだお仕事をするごとに意味があります。
選択肢のない教具を与えてやらせるのは、モンテッソーリのやり方ではありません。

 

 

私自身モンテッソーリをしっかりと学んだわけではないので、偉そうなことは言えませんが、『モンテッソーリを取り入れた◯◯』という教育はモンテッソーリの何を取り入れているのか見極める必要があると感じました。

 

それは『リトミックを取り入れたピアノレッスン』も同じこと。
リトミックの真似事をしてもリトミックにはならないのです。
そもそもダルクローズの考案したリトミックは、カリキュラムなどなく、アプローチの方法を指すので、そのアプローチがなされていなければリトミックにはなりません。
適切な時期に適切なアプローチで指導しなければ伸びないのです。

 

モンテッソーリ、本当に素晴らしい教育だと思いました。
そして、モンテッソーリの教育は、モンテッソーリのプロが行う所に行くべきだと改めて思いました。

 

とはいえ、教具やグループ遊びの中でも、音楽教育に役立つ部分はたくさんあります。
しかしその方法をお借りしてくる場合、目的は音楽教育。
やはり音楽教育のプロセスの中で、『適切な時期に適切な方法』を行わなければ意味がありません。
私も適切な時期に適切な内容を与えられるよう気をつけたいものです。

 

映画はドキュメンタリーなので、面白くありません(笑)
でも、子どもたちの成長の様子がよく分かります。
そして子どもたちが可愛い!
子育てに悩んでいる方や、これからママになる方、見る価値があるかもしれません(๑>◡<๑)





#たまプラーザ・新百合ヶ丘のピアノ教室

#街の小さなピアニスト

2021.10.17 Sunday