たまプラーザ・新百合ヶ丘のピアノ教室 | 街の小さなピアニスト

神奈川県川崎市『街の小さなピアニスト』は、たまプラーザ・新百合ヶ丘からバスで約15分の幼児から大人まで集まるアットホームなピアノ教室。ピアノ×ソルフェージュ×リトミックのレッスンで、楽しみながら知的に音楽を学び、ピアノで表現する喜びを共有します。
 090-3536-0080
お問い合わせ

お知らせ&指導者のひとりごと

2022 / 06 / 10  22:43

歌うことは大切!

楽器の多くは演奏者が音程をつくっていくものです。

でもピアノは調律によって『完成された』楽器です。

ピアニストが演奏しながら音程を調整することはないのです。

これがピアノの落とし穴。

 

音感を身に付けるためにはピアノをいっぱい弾くことよりも、自らの声でいっぱい歌うこと。

音程を操作しないピアノですが、音感はピアノの上達に大きく関わります。

 

どんな楽器であれ、頭の中で、身体の中で、次に出す音が鳴っている状態にしなければいけません。

その能力を付けるためには、自らの声でたくさん歌うことが大切なのです。

 

用語を覚える等は別として、音楽の要素はほとんど歌をうたうことで学べます。

 

『音』から『ことば』が生まれました。

そしてそれらを記録するために『文字』が生まれました。

音楽も『音の集合体』から『音名』かわ付けられ、記録するために『楽譜』が生まれたのです。

 

音楽の学びは『音』から入るべきです。

どんな楽器であれ、歌うことでたくさんの学びを得ることができるのです。

 

さあ、今日もレッスンでたくさん歌いましょっ!!

そしてご家庭でも、言葉と同じように生活の中で歌が溢れていると素晴らしいですね!

 

 

2022.06.30 Thursday