たまプラーザ・新百合ヶ丘のピアノ教室 | 街の小さなピアニスト

神奈川県川崎市『街の小さなピアニスト』は、たまプラーザ・新百合ヶ丘からバスで約15分の幼児から大人まで集まるアットホームなピアノ教室。ピアノ×ソルフェージュ×リトミックのレッスンで、楽しみながら知的に音楽を学び、ピアノで表現する喜びを共有します。
 090-3536-0080
お問い合わせ

お知らせ&指導者のひとりごと

2022 / 06 / 11  15:07

練習時間は意識してつくりましょう

忙しくて練習できないというケースを見かけることは珍しくありません。

 

私が教室を始めた頃は、生徒さんは保護者の送迎なしで来て、外に出ればその辺で遊んでいる姿をよく見かけました。

でも最近はそのようなことも滅多にありません。

保護者の方も働いている方が以前より圧倒的に多いです。

子どもを安全な場所で何か楽ませるっといった感じで習い事をしている場合あります。

 

以前お問合せいただいた方の中には『上手くならなくても、楽しければいい』とおっしゃった方がいました。

しかしこうなってくると、もはや習い事ではなく私はその時間お子さまの面倒を見てくださいと言われているような気分になるのです。

 

習い事は、『学びの場』であるのです。

 

ピアノに限らず何かを習得するためには、時間もかかります。

練習も必要です。

『忙しくて練習できない』というのは『忙しいから習得を断念する』とも捉えられます。

 

忙しくて練習できない…この言葉、私も常に頭の中にあります。

でも、だからといって練習しなくていいわけではありません。

練習しない限り上達はしませんから…。

ではどうすべきか…それは練習時間を作ること。

忙しいと言っていても何も変わりません。

練習時間を意識して作ることが必要なのです。

この記事を読んでギクっとした方は、今日から意識して練習時間をつくってみましょう。

例え5分であってもピアノのことを考える時間が大切なのです。

2022.06.30 Thursday