たまプラーザ・新百合ヶ丘のピアノ教室 | 街の小さなピアニスト

神奈川県川崎市『街の小さなピアニスト』は、たまプラーザ・新百合ヶ丘からバスで約15分の幼児から大人まで集まるアットホームなピアノ教室。ピアノ×ソルフェージュ×リトミックのレッスンで、楽しみながら知的に音楽を学び、ピアノで表現する喜びを共有します。
 090-3536-0080
お問い合わせ

お知らせ&指導者のひとりごと

2022 / 09 / 21  20:56

TASTEN-ABENTEUER vol1 No10

10 Annoying Fly

 

音符の周りを飛んでいるのは蚊かな?

蚊が止まったいる音符を弾くときに、ピアノを弾いていない方の手で蚊を叩きましょう。

ちゃんと叩かないと、刺されちゃうよ!

 

【ワーク】

① この曲のお家はなんですか?

 (何調ですか?)

② この曲は何拍子ですか?

③ この曲のビートとなる音符はなんですか?

④ この曲はいくつのフレーズからできていますか?

⑤ 同じフレーズと似ているフレーズを探しましょう。

 (違うフレーズはどこが違うかな?)

 

【保護者の方へ】

この曲は、右手と左手で全く異なることをする練習です。

蚊を叩くためには『準備』していないと上手く叩けません。

メロディーを奏でながら、もう一方で全く違うことをするということは2声(2つのパート)を演奏するための準備にもなります。

2022 / 09 / 20  16:23

TASTEN-ABENTEUER vol1 No9

9 Ping Pong

 

手にも足にも卓球のラケットを装備して、どんな球でも打ち返す男の子!

ノミまで一緒に打たれてしまいそうですね!

最後は球がどこに飛んでいってしまうのかな?

想像しながらピアノの音で表現してみましょう。

 

【ワーク】

① この曲は何拍子ですか?

②この曲のビートとなる音符はなんですか?

③ 『シ』は何個ありますか?

④ 『レ』は何個ありますか?

 

【保護者の方へ】

初めて2拍子が出てきました。

拍子がきちんと感じ取れるリズムからできています。

休符を感じ取ることが、この曲のポイントです。

2022 / 09 / 20  14:34

動画教材を追加しました!

レッスンでは少しずつお見せしていましたが、ご自宅から自由にアクセスして見られるよに動画教材を追加しました。

 

今回は

オウムのまねっこシリーズ1

ト音記号・ヘ音記号のうた

スケールのの番号唱

 

を追加しています。

 

調号から調を見つける方法もリニューアルしました!

ぜひご活用ください。

2022 / 09 / 19  15:15

TASTEN-ABENTEUER vol1 No8

8 Fidgerty Fellow

 

この曲のタイトルは『ソワソワした仲間』です。

なぜソワソワしているのでしょう!?

スタッカートは覚えていますか?ソワソワした感じを出すために、このスタッカートは見逃せません!

 

【ワーク】

① この曲のお家はなんですか?

 (何調ですか?)

② この曲は何拍子ですか?

③ この曲のビートとなる音符はなんですか?

④ それぞれのフレーズは笑っている感じ?困ってる感じ?

 楽譜の中に書き込んでみましょう。

 

【保護者の方へ】

この曲はフレーズごとに表情が変わります。

表情を意識して、音を大切に鳴らすことを学びます。

2022 / 09 / 18  14:33

TASTEN-ABENTEUER vol1 No7

7 Gently Blows the November Wind

 

優しく吹く11月の風を表現した曲です。

タイトルには『やさしく』と書かれていますが、楽譜にある挿絵は強風です(笑)

2分音符や全音符の中に×がある音符は、口笛を吹いて風を吹かせましょう。

口笛が吹けない時は、風の音を声で表現しましょう。

(ヒュ〜ヒュ〜など)

【ワーク】

① この曲の1、2、3段目のお天気はそれぞれなんですか?(はれ?くもり?)

② この曲は何拍子ですか?

③ ビートとなる音符はなんですか?

④ 『p』はどんな音で演奏しますか?

 どうしてこの曲は『p』なのかな?

 

【挑戦してみよう】

① 1・2小節目をさまざまな音から弾きましょう。

② 5・6 小節目をさまざまな音から弾きましょう。

【保護者の方へ】

『p』が初めて登場します。

ピアノという楽器の本当の名前は『ピアノ-フォルテ』といいます。強い音も弱い音も出せる楽器という意味です。

ピアノができる前のチェンバロなどの楽器は音量のコントロールができませんでした。

『p』はただ弱いのではなく、緊張感や集中力など表現するためにはエネルギーが必要です。

 

また、口笛を吹くことで(息を吐くことで)音符の長さを感じ取り、『音の尻尾(おわり)』まで意識させます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
2022.09.27 Tuesday